kazu3000のブログ

kazu1000のブログ と kazu4000のブログ の番外編です。

kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
http://kazu1000.muragon.com/

kazu4000のブログ / 読書日記
http://kazu4000.muragon.com/

【メルカリ】について その4


2013年から始まったメルカリで大儲けをした人たちはもう既に離れて他のネットビジネスをしていると思いますが、現在でもかなり多くの利用者がいるようです。利用者のメインが若い層とはいえ、可能な限り安く常識のある価格にして出品すると平均して24時間以内で売れます。自分も家で不要になったものを出品し3ヶ月で完売し部屋を整理することができました。そんな中、数か月前から「圏外とばし」というメルカリ用語が見聞きします。最初、「圏外とばし」という言葉を聞いたとき、なんのことはわかりませんでしたが、自分が「圏外とばし」になって初めてよく理解しました。


様々な理由でメルカリ事務局より「圏外とばし」にされると、自分が出品したものを検索しても出てこないので、当然、購入者側から見れません。これでは売れるはずがありません。実質、完全な利用停止、脱会させられた状態のようなものです。
いつかまた復活して利用できるのですが、それが数日後か、数か月後かはっきりしないのです。それと「圏外とばし」された側にとって重要なこと、なぜ「圏外飛ばし」されたのか?、その理由を詳しく知りたいところです。自分は「圏外とばし」ではないですが「24時間の利用停止」をされたことがあります。これもよく理解できない理由で利用停止にされました。詳しくはこのムラゴンブログの記事「【メルカリ】について その3」をご覧ください。
さて、この「圏外とばし」はやっかいなイジメのような感じです。事務局より「あなたのアカウントは圏外飛ばしにしました。」のような連絡はありません。事前警告、事前告知もありません。なんか売れなくなったなあ、、「いいね!」があんまり付かなくなったなあ。。。など、なんか変だなあと感じて、自分の出品したものを検索してみたり、新しく出品してみて、あれ?自分の出品が表示されない!と、そこで初めて自分が圏外飛ばしになったことを知るのです。告知なしに「圏外飛ばし」されるので、そうとは知らず一生懸命、出品して受注を待っている方も多くいると思います。




              


👇 CDを出品したのに、まったく表示されない!



1)「圏外飛ばし」を復活させる方法、解除させる方法


基本的に圏外飛ばしされた側から、どうにかして解除させる、復活させる方法はありません。「解除の方法・復活の方法」などの記事もネット上には多くありますが、まず不可能です。事務局より解除されるのを、じっと待つしかないのです。ここで注意するのは、圏外飛ばしされた後、数週間してもう大丈夫だろうと思って、出品したりすると、利用停止中に同じルール違反を繰り返したことと同じ扱いになり、「圏外とばし」の期間が延びるだけです。また、「圏外とばし」という言葉は、メルカリ事務局にとって、正式用語ではなく、問い合わせしても無視されるか、的を外した定型フォームの回答があるだけです。(1件づつ個別に人間が対応しているわけではないので当然ですが。。)しかも、納得のいく回答ではないので、何回も質問するとクレーマー扱いとなり、さらに「圏外とばし」の期間が延びるか、脱会させられる可能性もあります。


2)解除、復活した後


やっと利用できるようになったら、1日に3から5個以内にしておいた方がよさそうです。一度に出品するのは、3個以内として、さらに出品した場合は、5時間くらいあけて出品した方がいいです。業者の人ではない限り、一般利用者が家で不要になるモノが毎日、3個もでてくるはずがないので問題はないと思います。ただ、間違って4個(4品)を連続して出品したために、再度、圏外飛ばしになった人がいます。よほど厳しくなっているのだと思います。


3)自分がやった対策(参考まで)


あくまでも参考です。どうしても1日に10個くらいは出品したい場合もあります。1個出品したら、その出品画面でTwitterに飛ばします。その後、メルカリの画面を閉じます。(アプリを終了させます。)そして、2個目の出品は、また新しくアプリを立ち上げます。つまり、1個出品する度に、アプリを終了させるのです。時間がかかって面倒ですが、これであれば、かなり多くの出品はできます。
それともう1つ方法は、メルカリに出品したら、すぐにその内容で「メルカリアッテ」にも出品する。そして、またアプリを閉じて、連続でなく1個づつ出品していくと一日でかなり多くの出品できました。但し、この方法はたまたま上手くいっただけで、現在はどうかわかりません。また、今月、メルカリのアプリが新バージョンになったので、ネット上にある「対策法」はなんの役にも立たないと思います。


4)その他注意すること


Twitterでメルカリの「圏外とばし」の不条理を追加している方がいますが、これは止めたほうがいいです。度を超すとTwitter自体のアカウントが凍結されます。メルカリとリンクしている?と疑いたくなります。


これも根拠ないですが、メルカリでまったく何も購入しない、売上金が殆どない状態、または売上金を全額申請して受け取った状態のときは「圏外飛ばし」されやいようです。


いずれにしても、一度「圏外とばし」されると、復活しても「圏外とばし」されやくなるのは確かです。数週間から数か月待って、やっと復活しても、びくびくしながら使うアプリなんて、そんなアプリどこにもない。もはや使う価値や意味はないと感じます。